2010年05月24日

仲井真知事が辺野古移設を「遺憾だ」(産経新聞)

 沖縄県の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事は23日午前の鳩山由紀夫首相との会談で、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古周辺に移設する政府方針に対し、「高まっていた県民の(県外移設への)期待と落差が大きい。端的に申し上げると遺憾であり、極めてこの案は厳しい」と批判した。

【関連記事】
鳩山首相「辺野古付近にお願いせざるを得ない」普天間飛行場代替地で
「日米合意、全く理解できない」福島党首 困惑の社民党
日米合意形成を最優先 普天間問題最終決着ほど遠く
普天間問題で日米政府が大筋合意 辺野古沖に新滑走路
普天間迷走も支持率低下もあいつのせいだ

国の不作為責任が焦点=アスベスト健康被害で判決へ―大阪・泉南地域29人訴え(時事通信)
普天間問題 小沢氏「政府の発信はどうなのかな」(産経新聞)
普天間「月末へ最終努力」=首相(時事通信)
もんじゅ、点検のため一時停止 再起動は22日に(産経新聞)
幹部から連立離脱論=社民(時事通信)
posted by シモジマ マサジ at 10:54| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。