2010年01月20日

首相動静(1月12日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時46分、公邸発。「日航OBの年金減額について調整が難航しているが」に「こういう経営になったのは誰の責任かといえば、それぞれの皆さんが責任を負わなきゃいけない話だ」。同50分、官邸着。同51分、執務室へ。
 午前10時から同42分まで、ジャーナリストの田原総一朗氏。
 午前10時59分から同11時31分まで、川口清史立命館総長。斎木昭隆外務省アジア大洋州局長同席。同45分から午後0時5分まで、潘基文国連事務総長と電話会談。外務省の福山哲郎副大臣、杉山晋輔地球規模課題審議官同席。
 午後0時16分、執務室を出て首相会議室へ。同46分、同室を出て執務室へ。同50分、同室を出て大会議室へ。同51分、行政刷新会議開始。
 午後1時56分、行政刷新会議終了。同2時1分、大会議室を出て閣僚応接室へ。同2分、閣議室に移り閣議開始。
 午後4時20分、閣議終了。同21分、閣議室を出て閣僚応接室へ。同22分から同24分まで、中井洽国家公安委員長に防災担当相の補職辞令交付。平野博文官房長官同席。同25分、同室を出て執務室へ。
 午後4時26分から同49分まで、直嶋正行経済産業相。
 午後4時50分から同5時13分まで、小沢鋭仁環境相。
 午後5時40分、執務室を出てホワイエへ。同41分から同46分まで、報道各社のインタビュー。「北沢大臣の武器輸出三原則についての発言をどう考えるか」に「多少口が軽過ぎたかなとそう思いますね」。同47分、ホワイエを出て執務室へ。同6時10分、同室を出て首相会議室へ。同11分、菅直人副総理兼財務相、平野官房長官が入った。
 午後7時45分、菅氏が出た。同47分、平野氏とともに首相会議室を出て執務室へ。
 午後7時55分、平野氏が出た。同8時10分、執務室を出て、同11分、官邸発。同13分、公邸着。
 13日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

新品種 春と秋に咲くサクラ 理研チーム(毎日新聞)
「梁山泊」実質経営者ら逮捕=法人税4億円脱税容疑−大阪地検(時事通信)
「ゴキブリ退治して」増える要望相談110番(読売新聞)
小沢氏「お騒がせし恐縮」=長崎行脚、検察批判には触れず(時事通信)
屋久島の元社長不明、供述もとに廃校跡捜索(読売新聞)
posted by シモジマ マサジ at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。