2010年04月26日

再び時効直前に起訴=暴行事件、DNAが一致−解体業の男、関与認める・水戸地検(時事通信)

 茨城県内で2003年4月に女性が乱暴された事件で、現場に残された遺留物のDNA型が一致したとして、公訴時効2日前に強姦(ごうかん)罪などで起訴された建築解体業富田和広被告(43)=同県小美玉市=について、水戸地検が別の二つの強姦事件で追起訴したことが22日、分かった。うち1件は、既に起訴された事件と同様、22日午前0時の時効2日前に公判請求された。
 捜査関係者によると、新たに起訴されたのは、03年4月22日と04年3月15日に県内で女性が乱暴された事件。いずれも同被告と現場のDNA型が一致、関与したことを認めているという。03年の事件は時効直前だった。県警は県内で起きたほかの暴行事件についても、かかわっている可能性があるとみて慎重に捜査している。 

【関連ニュース】
16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う
宗教法人代表、無罪を主張=女性信者乱暴
時効撤廃・延長法案が参院通過=5月中に成立、施行へ
知的障害の女性を暴行=施設の元生活支援員逮捕
暴行事件、時効直前にDNA一致=解体業の男起訴

橋下新党、経済人の会200人規模の見通し(産経新聞)
住宅エコポイントはCO2削減に見合う? 恩恵予想以上に大きく、継続的取り組み必要(産経新聞)
「政治主導成功せず」21世紀臨調が提言(産経新聞)
SB孫社長自ら顧客に返信 企業のツイッター活用進む(J-CASTニュース)
舛添前厚労相、新党結成に向け離党を検討(読売新聞)
posted by シモジマ マサジ at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。